大鶴 史朗さん 別府市ご出身

別 府青山高校を卒業し、東京の大学に進学。通信工学を学びました。
 この後、「報道の世界に身を置きたい」-雲仙普賢岳噴火で自らの生命を賭してまで、”真実”を”生の現場”を映像にし報道する映像記者が活動していた事実を知り、心を強く動かされました。
 報道に見せられ、この世界で自分を見出したいとチャレンジしました。
 念願かない’99年にTBSに入社し、技術局ステーション技術センター回線担当配属。HD化へ向けて設備を構築。
 ’02年には、念願だった映像部に異動しました。国内、海外等映像で皆さんに真実をお伝えしています。

 この年末年始は、ふるさと大分へ帰省し”ふるさとの空気を風をいっぱい吸ってきます”と大鶴さんは希望に胸脹らませていらっしゃいます。
 大鶴さんのコメントが、下記ホームページでご覧いただけます。
 http://www.tbs.co.jp/job/houdou/