えとう征士郎メールマガジン【こいのぼり通信】創刊準備号

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━
◆◇◆ えとう征士郎メールマガジン「こいのぼり通信」創刊準備号 ◆◇◆
                       2012・01・25
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━

~ 新春を迎え 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます ~

いつもお世話になり、ありがとうございます。衆議院副議長 衛藤征士郎です。

平素よりご厚情賜ります皆さまに私の国会における活動や政策をご報告し、
また皆さんのご意見をお寄せ頂きたく、不定期ですがメールマガジンを創刊する
ことになりました。どうぞよろしくお願いします。

※このメールは、ご挨拶をさせて頂いた皆さま、名刺交換等でメールアドレスを
 お教え頂いた方にお送りしております。

————————————————————————-

◆ 新春の抱負
国際競争化・少子高齢化・円高等の構造的負荷と重圧の下、新年を迎えました。
今年一年は北風に向って走り抜く覚悟を持たなければなりません。

欧州危機が深刻さを増す一方、日本の国債残高はどの国よりも突出しており
急務である財政再建と経済成長を同時に押し進める決意です。

各党は、国会議員の定数を減らすことを公約しています。
私は超党派の一院制国会実現議員連盟の会長として国会議員を30%削減し、
5年後までに一院制国会の道筋を建て、日本再興の確かな起動を作り上げたいと
思います。国会議員自らが血を流すことなく、誰に財政再建の為の消費税等の
増税をお願い出来るでしょうか。

◆ 念願の病院船建造に向けて
阪神淡路大震災直後から、病院船建造を目指してきました。東日本の大震災で
病院船の必要性は否応なしに高まり、先般の第3次補正予算で建造に向けた
調査費3千万円を計上できました。

昨年10月に訪米して病院船(ベッド:1000床)を視察し、災害時における
多目的支援船(病院船)を日本が保有する責任と義務を痛感しました。国内のみ
ならず国外の支援要請に応えて、人道支援等、国際貢献もすべきです。病院船
建造推進議員連盟会長として来度中に設計費を計上し、建造・進水させ「海に
浮かぶ病院」を実現させたいと思います。

◆ 夢の日韓海底トンネル実現へ
さて新年の夢を語りたいと思います。
日韓海底トンネルは、日韓両国の大統領と総理大臣が国際会議の場で何度も言及
したビッグプロジェクトです。日韓間の海底と島を結ぶ約231kmの総事業費
約10兆円の世紀の大事業。米国はアフガン・イラク戦争に100兆円の戦費を
投入しています。

「日韓トンネル・平成のシルクロード」は真に平和創造の道であり、ピースメイ
キングプロジェクト。東京―ソウル―パリ―ロンドン総延長約15,000km、
日韓トンネルを除きロンドンまで既にレールは敷かれています。ヨーロッパ・
アジアピーストレインを是非実現させたいと思います。

尚、日本側には既に日韓海底トンネル建設議員連盟の世話人会があり、私が代表
世話人に就任しています。皆さまご支援の程よろしくお願いします。
皆さま・ご家族ご一同さまの健やかなる一年を祈念します。

平成24年 新春
衆議院副議長 衛 藤 征 士 郎

———————————————————————–
◆◆この度、ホームーページが新しくなりました。ぜひご覧下さい!◆◆
☆えとう征士郎オフィシャルサイト http://www.seishiro.jp/
☆征士郎ブログ http://www.seishiro.jp/weblog/
☆YouTube Seishiro Channel 
http://www.youtube.com/profile?user=SeishiroEto
———————————————————————–

■ ご意見のご連絡はこちら → info@seishiro.jp
■ メールマガジン解除は下記のアドレスをクリックしてください。
http://www.seishiro.jp/mg/acc.cgi?id=132732070211113&m=d&da=0

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

◇◇◇ 発 行:衆議院議員 衛藤征士郎事務所 ◇◇◇
【 大分本部事務所 】
大分県佐伯市池船町21-1〒876-0833 TEL:0972-24-0003 FAX:0972-24-1144
【 国会事務所 】
東京都千代田区永田町2-2-1衆議院第一議員会館1101号 〒100-8981 
TEL:03-3581-5111 FAX:03-3595-0003 Email: info@seishiro.jp

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━