新神田市場青果卸売協同組合 平 国秋理事長のご来訪を受けました

新神田市場青果卸売協同組合 平 国秋理事長、東京都青果物商業協同組合大田支所の根津 正明相談役のご要望に耳を傾ける衛藤征士郎衆議院副議長

 私は超党派の米消費拡大純米酒推進議員連盟会長として「食育」の大切さを訴えていますが、去る18日地元大分市で行われた九州青果食品小売商組合連合会大分大会でも食育の重要性を語り、このことが平成17年に制定された「食育基本法」に結実されたことをお話しするとともに、児童・生徒の栄養及び指導・管理を行うための「栄養教諭制度」の必要性への理解へとつながりこの制度が制定に至ったものです。

 この日は、新神田市場青果卸売協同組合 平 国秋理事長と東京都青果物商業協同組合大田支所の根津 正明相談役にご訪問頂き食生活の変化が著し昨今ですが、バランスのとれた食生活を実践すべき!と熱く訴えられたものです。
 食育(しょくいく)とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全で安心な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みです。
 私たちの議連も学校給食で食材の地産地消を促しおいしい地元の食材をふんだんに使いおいしいご飯を食べる!おいしいごはんを会する回数を増やす運動を行うとともにおかずやデザートには地元で採れた食材(野菜やきのこ、魚、肉、海藻、乳製品、果物)を使用することを奨励しています。
 主食と副食、くだものをバランスよく食することで血液のさらさら効果も表れ成人病の予防につながりますし、医療費の増加にも一定の歯止めがかかることなどの効能面のお話を多数頂いたものです。

   ご飯を食べよう国民運動ホームページ:http://www.gohan.gr.jp/
   毎日くだもの200gホームページ:http://www.kudamono200.or.jp/
   健康のためのもっと野菜くだものをホームページ:http://www.v350f200.com/

You Tubeにて動画でご覧頂けます。

http://www.youtube.com/watch?v=l267VA1xoXw