馬 英九台湾総統と会談 東日本大震災の支援に謝意を表明

ご挨拶を行う衛藤征士郎衆議院副議長、右:馬英九総統 左から吉野正芳衆議院議員、 衛藤征士郎衆議院副議長令夫人

 24日に訪台した私は、馬 英九台湾総統と会談。昨年5月5日に馬総統と会談し東日本大震災の支援に対する感謝の意をお伝えして以来の再開を果たしました。
 1月14日の総統選挙で再選を果たした馬総統は、温かく迎えてくれました。
 この度の訪台の目的は、昨年の訪台時に馬総統とお約束をした両国の「友情の絆」として桜と梅の木の記念植樹を実行に移すべくこの良き日に訪台したものです。
 まさに日本の国花は「桜」であり、台湾の国花は「梅」です。本年台湾は建国101年を迎えることから私はそれぞれ101本の植樹も提案したものでした。
 馬総統は、私を有言実行の政治家と表現され、昨年の訪台とこの度の植樹(この日午後台中市・台中公園で行われる)式典に賛意を表明。さらにはこの日の私たちの会談が再選を果たされた馬総統にとって通算101回目の要人会談であることも披露して頂き、会談に華を添えて頂きました。
 この度の訪台には、被災地より吉野正芳衆院議員も同席されこの会談を通じて台湾国民の意皆様方に東日本大震災の支援に対する感謝の意を伝えられたものです。
 馬総裁は、わが国での東日本大震災記念式典の翌日12日に台湾でも式典を開催・出席し、哀悼の意を表明したことを披歴するとともにこの日福島県への渡航自粛制限を解除したことを明らかにし台湾からの観光客が初めて日本からの訪台客を上回る年となったことにも触れ、震災の悲しみを乗り越え努力を続ける日本への支援を惜しまないことを表明頂きました。
 更には、馬総統は昨年我が国が制定した「海外美術品公開促進法」の施行を歓迎されました。今後日本での故宮博物院の宝物展示が待たれるところです。

 馬総統は、この度の台湾の対中窓口である「台北駐日経済文化代表処」亜東関係協会」の新しい人事について私に紹介され、日本政府の沈斯淳次期駐日代表(大使に相当)と亜東関係協会の寥了以新会長の二人のサポートを求められ、お二人には同席も頂きこの日に合わせてお披露目をされました。
 私も台北駐日経済文化代表処沈斯淳次駐日代表(大使に相当)と亜東関係協会の寥了以新会長のご就任を心からお慶び申し上げますとともに全面的なサポートをお約束申し上げたものです。

You Tubeにて動画でご覧頂けます。

馬英九総統に温かく迎えられた衛藤征士郎衆議院副議長、吉野正芳衆議院議員

馬英九総統との会談に臨む衛藤征士郎衆議院副議長

馬英九総統の温かい対応に対して答礼のご挨拶を行う衛藤征士郎衆議院副議長

被災地福島を代表して御礼のご挨拶を行った吉野正芳衆議院議員