王 金平立法院長が衛藤衆議院副議長訪台を熱烈歓迎 台湾への温かい支援に謝意表明

訪台中にご多用中にもかかわらずご来訪頂いた左から: 呉東進新光金融股股イ分有限公司董事長、江丙坤海峡交流基金会会長・元立法院副議長、吉野正芳衆議院議員、江丙坤海峡交流基金会会長・元立法院副議長、王 金平立法院長、衛藤衆議院副議長、許 水徳総統府前顧問・元考試院院長、李鴻釣台日交流聨誼会会長・立法委員

私は昨年4月、東日本大震災の被災地支援のため訪日された王 金平立法院長と会談を持ち東日本大震災への馬英久総統ご夫妻を始めとする台湾国民の皆様の心温まるご支援に感謝の意をお伝えしました。それから11か月の時が流れ、3月11日には大震災から被災地は1年を迎えました。
 被災地の皆さんは悲しみや苦しみを乗り越え復旧・復興に向かって力強い歩みを続けておられます。被災から1か月余り後に王金平院長ご一行のご来訪・被災地訪問が被災地や被災された皆さんをどんなに勇気づけ明日への希望を抱かせてくれたか図り知れません。
 私はこの度再訪台して日台友好の証として台中市・台中公園に記念植樹を行い桜と梅の木に永久の思いを託しました。
 王 金平立法院長も昨年東日本大震災の被災地お見舞いで訪日した際に、衛藤副議長が温かく迎えてくれたことや現職衆議院副議長として初めて昨年訪台し馬英九総統始め私や呉敦義行政院長、楊進添外交部長等を訪問頂き、東日本大震災の支援に感謝の意を込めてくれたことを嬉しく頼もしく思うと挨拶してくれました。この度の再訪台を熱烈歓迎してくれと最も親しい友人です。
 東日本大震災発生後台湾は、28名の緊急援助隊を直ちに派遣してくれ560トンの緊急支援物資が寄せられました。馬英九総統ご夫妻が4時間のTV番組に出演しわが国への支援を呼びかけてくれ、その結果国民各界各層から総額で200億円を超える義援金が託されたのです。その台湾の皆様方の熱い思いを王 金平立法院長の訪日によりお伝え頂いたものです。持つべきものは親しい友です!
 この隣国台湾の皆様方の思いにお応えするべく私は震災復旧・復興に努力を傾注するとともに台湾訪問を通じて貴国への日本の皆様の思いを心をお伝えして参りました。
 本席にご多用中にもかかわらず駆けつけて頂きました許 水徳総統府前顧問・元考試院院長、江丙坤海峡交流基金会会長・元立法院副議長、李鴻釣台日交流聨誼会会長・立法委員、呉東進新光金融股股イ分有限公司董事長、佐味 祐介(財)交流協会台北事務所副代表始めとする来賓の皆様方に心より感謝の意をお伝えするものです。
  

You Tubeにて動画でご覧頂けます。

王 金平立法院長が衛藤衆議院副議長訪台を熱烈歓迎