日本・オマーン外交樹立40周年を祝す

”オマーン-日本2012”発足式で日・オ外交樹立40周年を祝し挨拶する自民党衛藤日オ友好議員連盟会長。横は、新ロゴマークです。

 本年(2012)は,我が国とオマーンの外交関係樹立40周年であり,この記念すべき年の劈頭を飾るイベントとして去る2月27日“オマーン-日本2012”発足式が開催され、私も発足式にお招きいただきまご挨拶をする栄に浴しました。
 今年は,40周年を記念して,東京とマスカットの両都市において様々な行事が計画されていると伺っております。特に東京における記念行事につきましては、ムスラヒ・オマーン大使閣下の積極的なイニシアチブの賜物であり,それぞれが成功を収め、これらを機に益々二国間関係が発展することを祈念致すものです。
 私は,2001年に外務副大臣を務め,同年3月にオマーンを訪問しアラウィ外務担当大臣、ルムヒー石油・ガス大臣、そして当時のマクブール商工大臣及びラワーヒー農漁業大臣と会談したことが昨日のように思い出されます。特にアラウィ外務担当大臣とは、イラク情勢中東情勢等の地域情勢について突っ込んだ意見交換を行うなど、とても充実した内容であったと記憶しております。
 また,白色を基調とした美しいマスカットの街並みと豊かな自然はとも印象深く、非常に親日的で素朴な国民性についても親しみを感じ、私はこの初めての訪問ですっかりオマーンに魅了されました。
 これがご縁で私は自由民主党による日本・オマーン友好議員連盟において、会長を務めており二国間関係の発展のために今日までお手伝いさせて頂いております。
 私が衆議院副議長に就任後の2010年4月には、マッキー国家経済大臣が副議長公邸に表敬訪問して下さり、両国間の関係強化やソマリア海の海賊対策等について熱心に意見交換させて頂いたことも心に強く残っているものです。
 この40周年を契機に,文化・学術・スポーツといった幅広い分野でも交流を益々活発化させて、未来の二国間関係に新たな1ページを作られることを祈念致しまして、私の挨拶を結ばせて頂きました。
 この式典の1か月後には、ムスラヒ大使閣下のおはからいで在京中近東各国の大使閣下を囲み夕食会が催され私もお招きを戴きご挨拶を申し上げたものです。日本オマーンの友好関係は、外交40周年の節目の年を迎え更なる進化を迎えています。

  駐日オマーン大使館ホームページ:http://omanembassy.jp/?lang=ja

日オ外交樹立40周年の式典のこの日に合わせて公募で選ばれたロゴマークも披露されました。
受賞者の弁理士 可児 佐和子さんに記念品をお渡しするムスラヒオマーン大使閣下、衛藤征士郎日オ自民党友好議員連盟会長

You Tubeにて動画でご覧頂けます。

日本・オマーン外交樹立40周年を祝す