トパリ アルバニア国会議長が衆議院副議長を表敬訪問

トパリ アルバニア国会議長(48歳 国会議長として6年の経験を有します)をお迎えする衛藤征士郎衆議院副議長

 私は、トパリ アルバニア国会議長の初訪日を歓迎申し上げるとともにアルバニアが’09年4月NATOを加盟を実現しEU加盟申請を行うなど、近年欧州統合に向けた歩みを進めていることに期待と大きなる評価を込めました。
 トパリ議長の訪日は、当初昨年3月に予定されていましたが東日本大震災の発生により急遽訪日を延期されたと承知しており、議長自ら弔意の書簡を発せられると共に首都ティナラにおいて貴議長が出席され東日本大震災追悼・復興レセプションも行われたと承知しております。私は、貴議長並びにアルバニア政府からのご支援に対しても心からお礼を申し上げたものです。
 トパリ議長は、私との会談に先立ち宮城県を訪問され、宮城県副知事や仙台市長と会談を行われた他に被災地を視察されたと伺いました。
 私はトパリ議長が被災地を訪れ被災地の皆様方に励ましの言葉をかけたいとの優しい気持ちやその思いを行動に移されたことに感銘を覚えました。
 このように世界の人々が被災地に思いを致し心を砕いて頂いていることに感謝の気持ちで一杯ですし、世界の国々の人々が日本頑張れ!の思いを言葉・行動で示してくれている、このことが被災者の心に届き被災地及び経済が着実に復興していく原動力になることでありましょうし、ビ
 ジネス・観光・留学を積極的に受け入れていく力になると信じます。
 この度のトパリ議長の訪日を通じて両国間の議会間交流は、幅広い国民間の相互理解を促進する上で極めて重要なものであり、議長の訪問をきっかけに、日本とアルバニアの議会・議員間交流がさらに深まることに期待を込めたものです。
 トパリ議長もアルバニアが東欧の玄関口であり両国間の交流の活発化に思いをはせられました。また日本にとってアルバニアが戦略的なパートナーと成り得るとしそのことが世界平和に寄与し安定化につながるとの強い意志の表明が行われました。
 同議長からは、アルバニアの一般ビザの免除の要請や在アルバニア日本大使館開館の要請も併せ行われたものです。
 昨年11月にハジナスト外相が訪日された際に我が国のアルバニアに対する一般数字査証の導入決定の伝達をさせて頂き、本年1月から同措置が実施されているところです。今後は、この新制度の適用状況を見極めつつ政府間で議論を行っていきたいと考えますし大使館開設の件では、貴国が在京大使館を開設済みであることに鑑み今後の検討課題とさせて頂いたものです。

トパリ議長と会談中の衛藤衆院副議長 左手前:自民党日本・アルバニア融合議員連盟会長馳 浩衆議院議員

衆議院本会議場で固い握手を交わすトパリアルバニア国会議長と衛藤衆院副議長

トパリ アルバニア国会議長と固い握手を行う衛藤征士郎衆議院副議長、馳 浩自民党日本・アルバニア友好議員連盟会長

You Tubeにて動画でご覧頂けます。

トパリ アルバニア国会議長をお迎えしました

トパリ アルバニア国会議長と会談中の衛藤衆院副議長

トパリ アルバニア国会議長をお見送りしました