学生インターンシップレポート 赤沼 史香(東洋英和女学院大学2年)

国会議員秘書インターンシップを終えて 

東洋英和女学院大学2年 赤沼 史香
インターンシップ期間(平成24年5月21日~25日)

  今回、国会議員秘書のインターンシップを終えて、5日間という短い期間でしたが、たくさんの貴重な経験をさせていただき、また、多くのことを学びました。

 このインターンシップをするまで、私は、秘書とはどのようなお仕事をするのかをよく知りませんでした。ですが、この5日間、同じ事務所で一緒にお仕事をさせていただいて、とても素敵な職業だと実感しました。電話の対応をはじめ、来客への親切な対応などを近くで見ていて、心から親切に対応していることが伝わってきました。来客への対応をさせていただいた時、自分はマナーなどの知識がまだまだ足りないということを実感しました。

 また、国会議員の方々がこれほど多忙だということを知らなかったので、毎日のスケジュールの多さに驚きました。分刻みでひとつひとつのスケジュールをこなしていくことはとても大変なことだと実感しました。ほとんど休みがなく、国会議員の方々は本当に大変なお仕事を担っているのだと思いました。

 さらに、今回のインターンシップでは、普段足を踏み入れることのできない場所にも入らせてもらうことが出来ました。国会議事堂や最高裁判所、自民党本部、谷垣総裁表敬訪問や衛藤衆議院副議長表敬訪問など、どれも貴重な経験ばかりでした。今回、多くの場所に入らせていただいて、今までより政治への関心が大きくなりました。そして、政治家への見方も変わりました。

 衛藤征士郎事務所の方々には貴重なお時間を割いていただき、心から感謝しています。今回させていただいた多くの貴重な経験は、私の人生の宝物であります。また、この経験を生かし、これからの人生につなげていきたいと思います。お忙しい中、本当にお世話になりました。何もできない私に、とても親切に教えてくださって、本当に嬉しかったです。本当にありがとうございました。