7日 (社)日本ゴルフツアー機構 表彰式・感謝の集い

7日午後、(社)日本ゴルフツアー機構は’09年度(平成21年度)のシーズン終了を受け表彰式・感謝の集いを開催。

昨日の今シーズンの最終戦、ゴルフ・日本シリーズJTカップは丸山茂樹選手が日本ツアー10年ぶりとなる劇的な優勝を飾
るなど本年のツアーの興奮が冷めやらない中で、史上最年少賞金王となった石川 遼選手を始め最後まで賞金王タイトルで熱戦を繰り広げた池田 勇太選手、マ
スターズ・トーナメントで日本人最高成績を残した片山 晋吾選手、賞金ランキング3位となった小田 孔明選手を始めとした、国内ツアー24戦の優勝選手が
一堂に会しての素晴らしい会となりました。

衛藤副議長は、自由民主党ゴルフ振興議員連盟会長としてお祝いご挨拶に立ち選手諸兄の汗と努力に対して深甚なる敬意と賞賛の拍手を送りました。(挨拶の詳細は、動画でご覧下さい)


た、議員連盟会長としてゴルフ利用時にゴルファーに課税されている「ゴルフ利用税」の完全撤廃に向け努力を傾注することを力強く訴えるとともに公務員倫理
審査会が「ゴルフプレーを禁止項目」に上げていることについても触れ、これを規定から外すことについても引き続き努力して行きたいとしました。

わが国におけるプロ選手登録者は、4,500人。そのうちトーナメントに出場できるのは200人またシード権を維持できるのは70人前後と大変狭き門です。この厳しいプロの世界で切磋琢磨しながら新しい息吹きが芽生えています。
選手の頑張りで来年も素晴らしくスリリングな試合が、多数展開されファンの目を釘づけにし楽しませてくれることでしょう。
私たちは、来年のシーズンインを楽しみにしています。

(社)日本ゴルフツアー機構 小泉会長と固い握手を交わした衛藤副議長

宮本選手会長をねぎらう衛藤副議長 左から石川・池田・小田・片山・藤田・宮本各選手
 選手一人ひとりと握手を交わし今シーズンの努力に敬意を表しました。

YouTube 「2009 JAPAN GOLF TOUR 感謝パーティー挨拶前」
(社)日本ゴルフツアー機構のホームページ