3日、ショーヨム・ハンガリー共和国大統領が衛藤衆議院副議長(ハンガリー議連会長)を表敬訪問

3日午後、ショーヨム・ハンガリー共和国大統領が衛藤衆議院副議長を表敬訪問。


衛藤副議長は、横路議長とともに同大統領をお迎えしハンガリーとの外交関係の開設140周年及び外交関係再会50周年に当たる記念すべき年に当たりショーヨム大統領をお迎えできたことを心より嬉しく思うと挨拶。

ショーヨム大統領も本年は、日本・ハンガリーにとって大変重要な年であるとしイベントも多数開催されており、”3つの記念”と思っており1つは、140周年。2つ目は外交再会50周年。3つ目は、民主主義化20周年であるとしました。

同大統領は、旅行者が自由に往来し、投資も活発に行われているとし、特にスズキ自動車は、”ハンガリーの車”と呼ばれていると紹介し、日・ハ関係は、政治・外交上の関係も深いとし衛藤会長に更なる議員連盟の活性化を要請。

ショーヨム大統領は、本年の交流年の機会に共同記念切手やエリザベート橋のライトアップ事業を始め5月には、同交流年の日本側名誉総裁を務める秋篠宮殿下が妃殿下とともにハンガリーを訪問したことに触れ、私の訪日を以ってその重要性を締め括りたいとしました。

また、同大統領はハンガリーが欧州の投資拠点でありバルカン半島も視野に入るとしIT・バイオ・ナノテク等で基礎研究のレベルの高さをアピールしました。
と同時に地球環境問題にも深い造詣を示し、CO2の排出量を削減しEUとして積極的に達成に向け努力すべきとし世界を汚したコストを我々は負担しなければならないと述べ、大変だかやるべきと確信しているとしました。

衛藤ハンガリー議連会長は、ショーヨム大統領の積極的な対応にハンガリー共和国の取り組みとその心意気を感じるとともに同大統領の不断の努力を多としました。

衛藤会長は、サッカー外交推進議連会長も務め2002年FIFAワールドカップに本招致に努力をしたことを披瀝しハンガリー共和国 国会議員とのサッカー対戦を提案しました。

ショーヨム・ハンガリー共和国大統領を囲んで

ショーヨム大統領を堅い拍手を交わす衛藤ハンガリー議連会長

ショーヨム・ハンガリー大統領をお迎えした衛藤ハンガリー議連会長

(財)日本サッカー協会ホームページ
外務省:ハンガリー共和国