日華議員懇談会総会を開催ー沈斯淳(しん・しじゅん)駐日代表の就任を祝す

沈斯淳(しん・しじゅん)台北駐日経済文化代表処 駐日代表と日台関係の更なる進化に向け固い握手を交わす衛藤征士郎衆議院副議長

 日華議員懇談会総会が開催され去る5月30日、台北駐日経済文化代表処の新代表に就任された 沈斯淳(しん・しじゅん)駐日代表が流暢な日本語で新任のご挨拶を行いました。
 私も国会日程の合間を縫って同総会に出席し沈斯淳(しん・しじゅん)駐日代表のご就任を祝し総会へのご出席を歓迎申し上げました。
 本年7月に台湾で行われる観光サミットの成功を祈念しておりますし、来年4月には、宝塚歌劇団の台湾初公演を控えています。
 そして2014年には待ちに待った「故宮博物院日本展示」が開催の運びです。素晴らしい文物が日本で展示されるものと大いなる期待を込めるものです。
 これまでわが国では「モナリザ展」での(昭和49(1974)年4月20日~6月10日、東京国立博物館)総入場者数151万人が最高入場者を記録ですが、その数を上回る入場者が期待されます。
 また「モナリザ展」では、6月10日の展示最終日に、入場者は1日3万1,120人を記録し展覧会の新記録も作っていますが、「故宮博物院日本展示」これを更新してくれるのではないかと期待も高まっています。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

日華議員懇談会総会を開催