一院制化で打開を

【毎日新聞】2012年5月3日号に掲載

 今の国会は旧態依然でスピードがない。衆参で議論が重複している。他の先進国の上院は貴族や州代表が選ばれ、下院とは役割は選出方法が異なり実質的には一院制だ。日本のように衆参とも同じような選挙制度で選ばれ、同様の権限を持つ二院制は国際基準ではない。国際競争のスピードが速くなっている現在では、効率のいい国会を作らないと国際社会で生き残れない。

 さらに参院で野党が多数を占め、衆参がねじれると、政局が不安定になる。今の国会は党利党略、個利個略だが、ねじれがそうさせている。一院制なら解消する。

 国民の不満は政策が実現しないことにある。一院制で選挙公約を次々と実行すれば、国民は政党政治に期待する。民主党も自民党もねじれを経験して、首相、官僚経験者の多くは一院制論者だ。一院制の実現は、国家の存立に関わる緊急の課題だ。

 チェックの働かないとの指摘もあるが、権限の強い決算行政委員会を設置すればいい。一院制で小選挙区にしたら、多数派が一方にふれて危ないので、選挙制度は中選挙区制や都道府県単位で一人が2、3票連記する大選挙区制がいい。連立政権で、多種多様な意見が国政に反映されるようになる。