12日 天皇陛下の御即位20年を心よりお慶び申し上げます

天皇陛下の御即位20年を祝し、12日皇居周辺では政府・民間が主催する祝賀行事が相次いで開催され、衛藤副議長も出席し天皇陛下に祝意を表しました。

午後国立劇場で行われた政府主催「天皇陛下御在位二十年記念式典」には、立法・行政・司法の三権機関から約1,000人が参列しました。


皇陛下は国民への謝意を示し「今日、わが国は様々な課題に直面しています。このような中で、人々が互いに絆を大切にし,、叡智を結集し、相携えて努力する
ことにより、忍耐強く困難を克服していけるように切に願っています。」とお言葉を述べられ、式典への感謝と国の繁栄と国民の幸せを祈りました。

夕刻皇居前広場では民間の奉祝委員会と超党派の国会議員による「御即位二十年をお祝いする国民祭典」が開催され、3万人を超える皆さんが御即位二十年をお祝いしました。

特設ステージでは、陸海空音楽隊の開会ファンファーレに続き各界著名人がお祝いのメッセージを送りました。

両陛下は、午後6時半過ぎに皇居・二重橋にお姿をお見せになり人気グループEXILE(エグザイル)による奉祝曲・組曲「太陽の国」をお聴きになり楽しいくつろいだひと時をお過ごしになられました。

政府主催「天皇陛下御在位二十年記念式典」には、立法・行政・司法の機関から約1,000人が参列し
陛下の御即位二十年をお祝い申し上げました。

民間の奉祝委員会と超党派の国会議員による「御即位二十年をお祝いする国民祭典」は、
ロドヴィッチポーランド共和国駐日大使閣下の流暢な日本語によるお祝いメッセージからスタートしました。

気温は時間を追うごとに下がり6時過ぎには12度を割り寒さの中での式典となりましたが、
凛とした緊張感も醸しだされ国民の思いを込めた素晴らしい式典でした。祝意を込めた衛藤副議長。

防宮内庁のホームページ