29日 衛藤副議長 豪州ラクビーナショナルチーム「ワラビーズ(Wallabies)」を激励

衛藤副議長は、マレー・マクレーン駐日オーストラリア大使閣下の招きで、来日中の豪州ラクビーナショナルチーム「ワラビーズ(Wallabies)」を激励しました。

31日(土)17:30キックオフを迎えるラクビー豪州・ニュージーランド(NZ)両代表による対抗戦(於:国立競技場)を前にオーストラリア大使館にワラビーズを迎えて激励レセプションが開催されました。

ワラビーズは、ニュージーランド「オールブラックス」、南アフリカの「スプリングボクス」とともにトライネーションズ(国際リーグ)を形成する南半球の強豪です。

ワラビーズのロッキー・エルソン キャプテン(主将)は、日本でのNZオールブラックスとの試合を楽しみにしており、私たちを温かく歓迎していただいた日本の皆さんに感謝を申し上げると挨拶。

練習では、リコーのグランドを使用しており立派なグランドで素晴らしい。来日に当たって日本語の勉強をしてくればよかったと発言し土曜日の試合まで数日あるので日本語の勉強もしたいと笑顔で答えました。

会場は熱気に包まれ「ワラビーズ」の選手を激励しました。

ワラビーズのロッキー・エルソン キャプテン(主将)が闘志をあらわにしました。
右:マレー・マクレーン駐日オーストラリア大使閣下

ワラビーズを激励する左:衛藤征士郎副議長 右:森喜朗元首相 その右:駐日大使館公使

ワラビーズヒフティーンと子どもたちが記念撮影

これに先立ち衛藤副議長は、マレー・マクレーン駐日オーストラリア大使閣下と会談の時を持ち日豪の経済・文化・議員交流を一層の活性化することで一致。

日豪の経済関係は、強い絆で結ばれており2003年7月のハワード豪州首相来日時に小泉首相との間で「日豪貿易経済枠組み」を署名。
これを機に翌年4月より日豪FTA実現に向けた協議が始まり07年4月からは日豪EPA交渉が開始され協議が重ねられています。

マクレーン駐日オーストラリア大使閣下は、この自由貿易協定の早期締結に向け「日」の協力と協議の加速を熱望しました。

衛藤副議長も両国の関係をより重層的な深いものとするため引き続き努力することを約束。知日派であり日本の良き理解者であるマクレーン大使閣下の努力に敬意を表しました。

衛藤副議長は、マクレーン駐日オーストラリア大使閣下と日豪のより一層の関係強化で一致

(財)日本ラクビーフットボール協会 http://www.rugby-japan.jp/
駐日オーストラリア大使館 http://www.australia.or.jp