グティエレス コロンビア共和国上院議員をお迎えしました 中川昭一コロンビア議連会長に哀悼の意を込める

衛藤衆院副議長は、6日グティエレス コロンビア共和国上院議員をお迎えし和やかな会談を行いました。

本年は、日本からコロンビアへの移住が開始され80年を迎えるとともに、両国の国交樹立100周年の記念すべき年でもあります。

衛藤副議長とグティエレス上院議員は、両国の関係の一層の深まりに大きな期待を込めるとともに「日本・コロンビア友好議員連盟」の更なる強化を図ることにも合意しました。 

4日に逝去された中川昭一元財務相が同議連の会長を務められていたことからグティエレス上院議員から哀悼の意が込められました。

また、グティエレス上院議員から昨年中川同議連会長がコロンビアにお越しになられボコタを訪問されたことを紹介され、この訪問を契機に議連の活性化が始まったことを語りました。

衛藤副議長よりコロンビア政府が治安の安定に努力されている姿を目にし、このことが対コロンビアへの日本からの投資を加速させると治安面への努力を多としました。 

グティエレス コロンビア共和国上院議員よりAPEC(アジア太平洋経済協力会議)加盟への日本の力強い支援も求められるとともに同国への日本の投資の一層の促進を求められました。

コロンビアからはコーヒー豆とともに花きが輸入されておりバラやカーネーションが日本で好まれていることや蘭の栽培でも日本のクオリティに近づける努力がなされていることが紹介されました。

地球温暖化防止対策では、我が国の京都議定書など国際社会を牽引する姿に敬意が表されるとともに先の国連総会での首相の発言にも賛意が述べられ同国も森林の伐採や火を入れることへの自制とCO2削減への決意が込められました。

グティエレス コロンビア共和国上院議員をお迎えする衛藤衆院副議長