全日本海員組合・全日本海友婦人会が谷垣自民党総裁に要請活動行う

全日本海員組合(組合長 藤澤 洋二)・全日本海友婦人会(会長 橋本 則子)が、谷垣禎一自由民主党総裁に要請活動を行いました。

 昨年に引き続き全日本海員組合(藤澤 洋二組合長)・全日本海友婦人会(橋本 則子会長)が、谷垣禎一自由民主党総裁に要請活動を行いました。
 先に全日本海員組合・全日本海友婦人会は「7.18海員中央総決起集会」を開催し、船員とその家族1,000名が集い、「日本列島、国民生活・移動権の保障 東京湾・伊勢湾・大阪湾を含む瀬戸内のフェリー・旅客船の航路存続を求める決議」並びに「船員の住民税減免の早期実現を求める決議」の2決議を満場の総意で採択しこの日の要請となりました。
 この決議の政策実現に向け谷垣総裁に力強く要請を行うとともに谷垣総裁も真摯に要請に耳を傾けました。
 私も皆様方の要望の実現に向け各党各会派の皆様に対して協力を求め引き続き努力を傾注してゆくものです。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

谷垣自由民主党総裁に要請を行う全日本海員組合藤澤 洋二組合長

谷垣自由民主党総裁に要請を行う全日本海友婦人会 橋本則子会長