エコポイントの上手な活用を私も実践しました

エアコンの購入

昨年のリーマンショックによる未曾有の経済危機から10ヶ月、夏のボーナスが出揃い、お中元商戦は熱気を帯びています。

民間企業の在庫調整も進みこれまで大型の予算措置を講じてきたことから景況感は急速に回復を示しています。

私も衆院予算委員長として昨年の10月以降〜本年5月まで3度にわたる補正予算を措置しその間、平成21年度本予算を成立させ間断ない景気刺激策を講じて参りました。

1
兆円の経済対策緊急対応交付金や地域活力基盤創造交付金を創設し地方の活性化を促すとともに定額給付金や子育て応援特別手当、ETC利用者の高速道路料金
の値下げを行うとともに雇用・企業の資金繰りを支援したりエコポイントを導入するなど多くの即効性のある施策を実行に移しました。

これらの施策が今景気の先行きに明るい兆しをもたらしています。

私もこの度、エコポイントを利用してエアコンを購入しました。

第二次補正予算で手当てをした「エコポイント」を活用しました。
グリーン家電の普及を目指した施策であり、CO2の削減や経済活性化も視野に入れた景気刺激策の目玉です。

私も購入時に「保証書(製造番号)」や「領収書」の写しを添付し、古いエアコンのリサイクル証明書も添付してエコポイントの申請をしました。(エアコンでは、6,000〜9,000ポイント+リサイクル3,000ポイントが付与されます)

エコポイント交換商品も商品券、地域産品、環境配慮型の優れた商品の中から選べるようになっています。

既にエコポイントの申請受付が開始されており、8月には商品の交換がスタートします。(別紙を参照下さい)

エコポイント事務局から私のもとに交換商品の通知が届くのを今から楽しみにしています。

エアコン、テレビ、冷蔵庫が対象商品となっています。
同様に自動車も買い替えに伴う措置が受けられます。

エコポイントの活用によるグリーン家電の普及<2946億円>(JPG)

経済産業省ホームページ