ホアン・ビン・クアンベトナム共産党中央対外委員長が衛藤副議長を表敬・会談(3/19)

3月17日、午後 ホアン・ビン・クアンベトナム共産党中央対外委員長が衛藤副議長を表敬、会談を行いました。


衛藤副議長は、クアン委員長の就任後早々の訪日を歓迎するとともに日越関係は頻繁な要人往来や経済関係の緊密化により「戦略的なパートナー」として大きな
飛躍を遂げているとし、同委員長のこの度の訪日が有意義なものとなることを祈念するとしました。(クアン氏は、この後福岡に足を運び視察・交流を行
います)

クアン委員長よりわが国の支援に感謝の意が込められるとともに、自身もかつて「21世紀青年交流」スキームで約100名のベトナム青年と訪日し、各地を訪
問し九州では鹿児島にも足を運び歓待を受けたことを披瀝し親日的な一面を覗かせました。

衛藤副議長は、昨年10月に効力を生じた日越経済連携協定(EPA)の円滑の実施のために今後とも貴国と緊密に協力していきたいとしました。

さらに衛藤副議長は、わが国は貴国の重要性に鑑み「越」の経済発展・貧困削減の努力を支援したいとし、わが国の支援が貴国の繁栄や国民の生活向上のために
友好かつ適性に活用されるように引き続き協
力していただきたいと日越関係の今後に大きな期待と希望を込めました。

また、両氏は良好な日越関係を維持しながら、同様に国会・議員間交流の活性化に引き続き努力を傾注していくことでも合意しました。

日越関係は、更なる進化を遂げていきます。

100319_01.JPGのサムネール画像

左:ホアン・ビン・クアンベトナム共産党中央対外委員長 右:右衛藤衆院副議長

100319_02.JPG

クアン委員長の訪日を歓迎し、会談を持ちました

外務省ホームページ