ドイツ統一記念日レセプションに出席 シュタンツェル大使と固い握手

駐日ドイツ連邦共和国フォルカー・シュタンツェル大使閣下と固い握手を交わす衛藤征士郎衆議院副議長

 去る3日、「ドイツ独立記念日」のレセプションがドイツ大使公邸で行われました。
 私もフォルカー・シュタンツェル大使閣下をお訪ねし独立記念日を祝し固い握手を交わしました。
 現在の「ドイツ連邦共和国」は、第二次世界大戦後の1949年にドイツのソビエト連邦占領地域に建国された国家であるドイツ民主共和国「東ドイツ」とドイツ西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国「西ドイツ」が東西両陣営に分かれて併存しましたが、1990年に東ドイツと西ドイツがついに統一を見ることとなり同国がここに誕生し現在に至っています。
 ここに東西を遮っていた「ベルリンの壁」が崩壊したものであり、我々の脳裏にも深く刻まれているところです。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

ドイツ独立記念日レセプションに出席①

ドイツ独立記念日レセプションに出席②