自民党・日本経済再生本部で山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・教授が講演

 先月8日スウェーデンのカロリンスカ研究所は、「2012年のノーベル生理学・医学賞」を発表し、生物のあらゆる細胞に成長できて再生医療の実現につながるiPS細胞を初めて作製した山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・教授(50)とジョン・ガードン英ケンブリッジ大名誉教授(79)の2人に授与すと発表し、この朗報は直ちに日本全国を駆け巡り国民は若き研究者に惜しみない祝福の拍手を送りました。

多くの衆参両院議員が駆けつけ山中伸弥京都大学教授の講演に耳を傾けました

 

  日本人のノーベル賞受賞は、2010年に化学賞を受けた根岸英一・米パデュー大学特別教授と鈴木章・北海道大学名誉教授以来2年ぶり19人目の受賞となり、生理学・医学賞で見ると1987年の利根川進・理化学研究所脳科学総合研究センター長以来25年ぶり2人目の快挙となりました。

 山中教授はiPS細胞の作製からわずか6年で、ノーベル賞の栄誉に輝いたものであり、事故や病気で傷んだ組織や臓器の機能を取り戻す再生医療への応用が期待されますし今後の活躍にも大いなる期待が込められます。

  この日多忙な日程を差し繰り自民党・日本経済再生本部で講演に臨まれた山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・教授は、施設整備の重要性やスタッフの弾力的な採用等を訴えられ欧米と比して劣後にあり早期改善を求めたい部門について言及され、施設・研究費の戦略的投入や弾力的な運用を行うことにより研究チーム、研究室は飛躍的な成果を成し遂げられるとし原理原則も大切だが自由度を踏まえた研究者が真に研究に取り組める体制の充実強化を要請されたものです。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

自民党・日本経済再生本部で山中京都大学教授が講演1

自民党・日本経済再生本部で山中京都大学教授が講演2

自民党・日本経済再生本部で山中京都大学教授が講演3