在京公務員大分県人会総会が盛大に開催され挨拶を行う

宿利正史前国土交通事務次官・在京公務員大分県人会幹事長(会長)大役お疲れ様でした!吉良 裕臣総務省総合通信基盤局長が今後後任の新幹事長として同会を切り盛りされます。大いなる期待を抱くものです。

 在京公務員大分県人会は、東京に所在する官公庁等(公社公団を含む)に勤務する大分県出身公務員が、郷土について語り合い、郷土の近況を認識し、郷土に対する愛情を一層深くすることを目的に開催されているものであり、この日の多くの皆さんが出席され開催されました。
 これまで同会の幹事長(会長)は、宿利 正史国土交通事務次官(玖珠町出身)でしたが今夏同省を退官されたことから、吉良 裕臣総務省総合通信基盤局長(竹田市出身)に交代されました。宿利さんの労を多とし吉良新幹事長に大きなる期待を寄せるものです。
 皆さんが在京公務員大分県人会の開催を楽しみにしておられますように我々も皆さんとお会いすることを楽しみにしております。郷土を想い郷土愛を抱いて職務にまい進し公僕としての使命感と高い志を持って国家国民のために日々努力を傾注している皆さんに敬意を表します。
 私もこの日、皆さんとの輪に加わり大いに故郷を思い・語り合い楽しい夕べを過ごしました。

在京公務員大分県人会の新幹事長(会長)に就任する吉良 裕臣総合通信基盤局長(竹田市出身)

You Tubeにて動画でご覧いただけます

在京公務員大分県人会総会が盛大に開催され挨拶を行う