第175回臨時国会が召集され、陛下の前行を致しました(7/30)

 15時からの開会式にあたり、国会に来訪された天皇陛下を参議院本会議場に先導を行ないました。昨夜から残っていた雨も止み、天候も回復し暑さも加わるなか国会中央玄関において西岡武夫新参院議長、尾辻秀久新同副議長とともに陛下のご到着をお待ちいたしました。

 ご到着後、直ちに陛下をご先導申し上げました。

 
    


 参議院の民主党過半数割れの中で、8月6日までの会期で国会が召集されました。

    
 平成22年6月14日の衆議院本会議において、衛藤副議長は自責と自戒の念をもって一言発言したものです。国会は、国権の最高機関であり国の唯一の立法機関である。これは憲法第41条の規定であります。私は、あえて議員各位に申し上げます。私達の諸先輩が営々として構築した国会の権威と権限そして
国会の誇りと国会議員としての矜持を堅持して国民の信頼と付託に応えうる厳正な国会運営を強く
要請するものです。
 

A.JPG  
左:尾辻秀久参院副議長 右:西岡武夫参院議長とともに 陛下のご到着をお待ち申し上げました。
   
 

DSCF6194A.JPG 陛下がご到着されました