マーク・シンクレア駐日ニュージーランド大使閣下が表敬訪問

 

マーク・シンクレア駐日ニュージーランド大使閣下と共に

 自民党外交・経済連携調査会は、これまで3回の会議を開催し一昨日「TPP交渉参加に対する基本方針」を取りまとめました。
 この基本方針決定を受け昨日、安倍総理のもとを訪れ、同調査会の方針をお伝えしたところです。
 本日、マーク・シンクレア駐日ニュージーランド大使閣下が表敬訪問され「TPP参加に対するわが党の対応について」の意見を求められたものです。
 私の方からは、わが国は議院内閣制のもと政府及び政権与党は、常に双方緊密な連携を堅持しその責務を果たさねばならないことを申し上げるとともに総選挙を経て、政権与党となったわが党のTPPに対する基本方針をしっかりと総理の訪米前に明示したことを説明したものです。
 この中では、わが党は先の衆院総選挙で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉に反対する」と公約をしており本公約の順守を再度確認をしたものです。
 この基本方針は、わが党国会議員が熟議を重ねてTPPのメリットやデメリット等を踏まえて総合的に大局観に立って「方針決定」したことであることも付言しました。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

駐日ニュージーランド大使を迎えて