超党派 日本・スウエーデン議員連盟総会を開催

  私が会長を務める「日本・スウエーデン議員連盟」は、昭和56年に自民党有志議員が相集い産声を上げました。その際中山 太郎先生を会長に戴き優秀な技術力により高度な福祉社会を維持し、ノーベル賞・国際平和研究所等により着実に世界平和に貢献している国として注目されている同国とわが国との友好親善関係の強化を図ることが求められ議員連盟が創られた経緯があります。

 その後同議連は、中山会長の引退により私が2代目の会長となり多くに皆様方のお申し出もあり超党派として再編され現在に至っています。

ヨハン・レーフストランドスウエーデン社会民主党訪日団長他4名をお迎えした衛藤征士郎超党派 日本・スウエーデン議員連盟会長

 先に衆院総選挙もございましたのでこの度入会の募集を行い衆院31名、参院12名の43名の超党派衆参両院議員の会員を以て新たなるスタートを切りました。そしてこの度スウエーデンよりヨハン・レーフストランド社会民主党訪日団長を始めとする5人の先生方の来日を受け同議連を開催を致しました。

 日本側からは、私の他に藤井孝男幹事長、 辻本清美副幹事長、今津 寛事務局長の他に丹羽雄哉・前田武志両顧問にご出席を頂き1時間余に及ぶ会合が続きました。私も29歳で当時2万2千人の人口を有する大分県玖珠町の町長を務めて36歳で国政に登壇しましたが、ヨハン・レーフストランド社会民主党訪日団長も26歳で初当選され現在37歳。3期目であり若さあふれる青年政治家です。その他4名の青年・女性議員も28~36歳と若人で構成されています。

 人口948万人、日本の1,2倍の面積を有する一院制のスウエーデンでは349議席で国会は構成され、ラインフェルト首相のもとに6年6か月の長期政権が持続されています。また女性の国会議員比率は45%。ラインフェルト内閣の閣僚24名中13名(半数を超えます)が女性閣僚で占められています。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

超党派日本・スウエーデン議員連盟総会を開催①

超党派日本・スウエーデン議員連盟総会を開催②