外交・経済連携推進本部 TPP対策委員会 役員会を開催

「外交・経済連携推進本部 TPP対策委員会」役員会に出席した衛藤 征士郎外交・経済連携推進本部長

 先週3月1日(金)11:00~の自民党総務会において石破幹事長より政調外交・経済連携調査会を党則第83条に基づく総裁直属の機関とし名称を 『外交・経済連携推進本部』とするとの報告が行われ、初代本部長に私が任命され、その後安倍総理と13:15~45分にわたり面談を行いました。
 その席には、中谷副幹事長、小里農林部会長、宮下経済産業部会長、岸信夫外交部会長、西川TPP対策委員長に同席を頂きました。
 その席上、私より西川TPP対策委員長のもとに三役(副委員長、幹事長、事務局長・次長)を置き「主幹会議」を設け事務局次長のもとに5つのグループを組織し5主査のもとにテーマを議論するとともに5班に細分化し21分野の検討を行うとの考えを安倍総理に報告をしたものです。
 安倍総理の了承を得て週末から週明けにかけて西川委員長のもとで人事案を熟考して頂き5日にはTPP対策委員会役員会を開催。役員人事案を提示したものです。
 この一連の対応を受け本日9時30分~の「外交・経済連携推進本部TPP対策委員会」(初会合)となりました。
 この体制・組織の下で各作業部会で具体的な議論を始めることを確認したものです。まさに議院内閣制のもと政府及び政権与党は、常に双方緊密な連携を堅持しその責務を果たしていかなければなりません。同委員会に携わる議員各位の努力を多とするものです。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

「外交・経済連携推進本部 TPP対策委員会」役員会に出席し挨拶を行う衛藤 征士郎外交・経済連携推進本部長