「2022年FIFAワールドカップ招致推進議員連盟」始動 (10/8)

 10月7日(木)、2022年FIFAワールドカップ日本招致!を目指す「2022年FIFAワールドカップ 日本招致委員会」小倉純二委員長(財日本サッカー協会会長)をサポートするため国会議員が一堂に会して超党派の「2022年FIFAワールドカップ招致推進議員連盟」が組織され始動開始しました。   

 

 

2022招致議連.JPG 今回立候補する2022年大会は、「2002年FIFA日韓大会」から20年後となり、日韓大会のあの感動や熱狂、世界と触れ合うダイナ
ミズムを肌で感じた若人がベスト16入りした”サムライジャパン”に歓喜!し日本の誇りを胸に刻み込んだ世代です。その皆さんがいま社会の中核を担い、もう一度その高揚感を手にしたいと今か今かと手に汗してその結果を見守っています。12月2日のFIFA理事会での開催国決定まで残すところ55日。この限られた期日を全ての皆さんが心を一つにして世界に日本の素晴らしさをアピールできるかが勝敗を決定付けます。
 
 私自身も「2002年FIFAワールドカップ」招致に当時議連幹事長兼事務総長として奔走し、体現した思いの丈を皆さんに披瀝しました。一日一日を大切にして世界に伍していく覚悟を全員で共有し持てる力と情熱を12月2日に向け結集しよう!
 
    (財)日本サッカー協会 http://www.jfa.or.jp/
    Dream2022 http://www.dream-2022.jp