大韓民国 朴熺太国会議長一行が衆議院正副議長を表敬(10/12)

 10月12日、衆議院は大韓民国 朴熺太国会議長一行をお迎えし親しく懇談の時を持ちました。 日本側は、横路・衛藤正副議長に加えて衆院議院運営委員会の理事も同席し、和やかな雰囲気の中で会談は行われました。大韓民国は、基本的価値を共有する最も大切な隣国であり、日韓関係はわが国の対アジア外交の中核をなすものです。日韓間のシャトル首脳外交を通じて、未来志向の日韓関係を強化していかなければなりません。

 

 大韓民国 朴熺太国会議長との会談に臨む衛藤副議長


韓国国会議長.JPG 日韓の貿易は輸出入共に着実に拡大を続けており日本にとって韓国は中国・米国に次ぐ第3位、韓国にとっては日本は中国に次ぐ第2位のそれぞれ貿易相手国です。日本の対韓投資も年間10億-20億ドル規模で推移しており昨年は、19,3億ドルと対前年比+35,9%の増となり投資意欲はさらに増大しています。(旭硝子が、亀屋産業団地に有する向上に追加投資した事例等が挙げられます)さらには、日韓間の人の往来は500万人に迫る勢いであり未来志向の日韓関係のためには国民間、特に若者世代の更なる拡大がキーワードとなります。昨年は日本から韓国に305万人が訪れ、韓国から日本には159万人が来訪して
ます。このように日韓間の更なる強化のためにも「日韓経済連携協定(EPA)」の早期締結に向け、現在中断している協議を早期に再開して交渉を重ねて「締結」に向けハイレベル協議を行わなければなりません。

 
 韓国では、来月11日から「G20サミット首脳会議」がソウルで開かれますしわが国では、それに続き「APEC首脳会議」が13日から横浜でそれぞれ開催されます。このように両国で緊密に連携・協力することにより更なる強い絆が結ばれていきますし両首脳会談の成功を願うものの一人です。この会談で、日韓の議員交流の活性化も合意され、両国実務担当者で詳細を詰めることとしました。同時に日韓議員連盟も来月29日東京で総会を開催することとしています。
 
 このように深みをます日韓関係であり未来志向の強化も図られていますし2年後には大韓民国全羅南道麗水市で「EXPO2012麗水国際博覧会」も開催されます。(平成24年(2012)5月12日から8月12日まで。テーマは「生きている海と沿岸」) 
  
  ◆衆議院ホームページ: http://www.shugiin.go.jp/
  ◆APEC 横浜会議 :http://apec2010yokohama.com/
  ◆「G20首脳会談」ソウル:http://www.kbn-japan.com/KN100206-01.htm
 
  大韓民国 朴熺太国会議長を衆議院本会議場にご案内した衛藤副議長
韓国国会議長2.JPG