TICAD V記念 在京アフリカ外交団(ADC)VS日本国国会議員団(超党派)サッカー大会を開催

素晴らしい手に汗握る戦いを在京アフリカ外交団(ADC)に挑んだ日本国国会議員団(超党派)イレブン 中央が衛藤征士郎大会会長

TICAD V成功を祈念し記念撮影を行う在京アフリカ外交団(ADC)と日本国国会議員団(超党派)イレブン

試合の主審は、FIFAレフリーで1998年フランスW杯の主審の岡田 正義氏が務めてくれました。衛藤征士郎大会会長の右隣が岡田正義主審

 13日午後、晴天に恵まれTICAD(アフリカ開発会議) Ⅴ記念(6月1日~3日横浜で開催)し在京アフリカ外交団(ADC)VS日本国国会議員団(超党派)サッカー大会を開催しました。  
 国会日程の合間を縫って35人の超党派国会議員が集い、在京在京アフリカ外交団(ADC)・特命全権大使閣下36名との親善試合に臨みました。特別ゲストに福田正博サッカー元日本代表も駆けつけてくれましたし主審は、FIFAレフリーで1998年フランスW杯の主審の岡田 正義氏が務めてくれました。(すごいスタッフに恵まれました!ありがとうございます)大会会長は、私が務め実行委員長に逢沢一郎衆院議員、事務局長は三原朝彦衆院議員に担ってもらいました。超党派ですので多種多様な人材が集って戴いており、開会式の司会進行を豊田真由子衆院議員(自民)が英語を駆使して対応戴き、また試合終了後の懇親会では牧島かれん衆院議員(自民)が同様に務めて戴き、国際色豊かな大会で英語力が求められましたのでお二人の活躍がきらりと光りましたし30分ハーフの試合にも出場してくれ大会を盛り上げてくれました。
 試合は、前半から後半10分までを3対1で日本国会議員団が優位に戦いましたが、TICAD Vを成功!を願って日本国会議員団を上回る力を発揮された在京在京アフリカ外交団(ADC)が逆転し結果は、4対3で在京在京アフリカ外交団(ADC)・特命全権大使チームの勝利となりました。
 表彰式では、両チームのMVPに日本国会議員団からは中谷真一衆院議員が、アフリカ外交団ではエチオピア連邦民主共和国マルコス・タクレ・リケ特命全権大使閣下がそれぞれ選らばれました。そして敢闘賞には、カメルーン共和国ピエール・ンジェンゲ 特命全権大使閣下が選ばれたものです。
 懇親会には、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会理事長竹田恒和・JOC会長がお越し頂きましたし同招致アンバサダーを務める三宅宏美・ロンドン五輪48kg級銀メダリストも駆けつけて頂き大会に華を添えて戴きました。
 在京アフリカ外交団(ADC)の取りまとめをして頂いたジンバブエ共和国スチュアート・ハロルドコンババッハ特命全権大使閣下がTICAD Vの成功に向け素晴らしい熱戦を展開できた。衛藤大会会長を始めとする多くの関係者の皆様方に感謝御礼を申し上げると挨拶。
 在京アフリカ外交団は、一致団結して”東京2020オリンピック・パラリンピック招致”を応援したいと力強い支持表明を戴いたものです。
 我々もTICAD Vを成功させ在京アフリカ外交団(ADC)をお取りまとめ頂いたハロルドコンババッハ特命全権大使閣下の思いにお応えして参りたいと思います。
 素晴らしい試合と手に汗握る戦いをありがとうございました!

You Tubeにて動画でご覧いただけます

TICAD V記念 在京アフリカ外交団(ADC)VS日本国国会議員団(超党派)サッカー大会で挨拶をする衛藤 征士郎大会会長

試合後の懇親会で、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会理事長竹田恒和・JOC会長、同招致アンバサダーを務める三宅宏美・ロンドン五輪48kg級銀メダリストを前にMVP、敢闘賞を発表する衛藤征士郎大会会長