ダニエル・イノウエ米国上院議員が来日、懇談の時をもつ(11/24)

 この度の選挙選において8期目の上院議員当選を果たし米国上院仮議長として大統領継承順位3位であるハワイ州選出の知日派の ダニエル・イノウエ米国上院議員が来日され懇談の時を持ちました。イノウエ議員は、既に下院議員と上院議員8期を併せる上下両院議員を51年務め、先に行なわれた上院議員選挙でも8期目の当選を果たした86歳の米上院の”良識を代表する”  議員であり日系2世として大の”知日派”として知られています。11月初頭の米国中間選挙では、民主党の苦戦が伝えられる中でハワイ州で力強い支持を得て86歳で8期目の当選を果たし今後の4年間を託されました。ハワイ州から選出されているイノウエ議員は、州人口の20%強に当たる約25万人の日系人社会で大きな支持を得ています。

   

 ダニエル・イノウエ上院議員と固い握手を交わす衛藤副議長


 
Dイノウエ議員1.PNG 1962年に初の日系上院議員として初当選を果たし現在も米国で唯一の日系上院議員として日系人社
会の結束強化、日米社会の発展に尽力していただいております。大きな存在感を持って日米間に横たわる事象の対応にご尽力いただくイノウエ議員。普天間移設問題についても日米両政府の”架け橋”として心を砕いていただいておりその偉大なる功績に敬意を表しました。

  第二次世界対戦中には、日系2世部隊の一員として欧州戦線での従軍・活躍しており(その際に右腕を失くされています)人生経験に培われた発言と行動には重さと威厳を感じさせられました。私も議会人としてイノウエ議員とお会いでき光栄に存じ上げると共に米議会の最長老として重きを置かれている同氏との会談を通じて日米関係の更なる重層的な関係の維持・発展に努力を傾注しなければとの思いを強くした所です。

Dイノウエ議院2.PNG

1列目左から衛藤衆院副議長 西岡武夫参院議長 サッド・コクラン上院議員 ダニエル・イノウエ上院議員 横路孝弘衆院議長 2列目左から尾辻秀久参院副議長 大野功統衆院議員 林芳正参院議員