公益社団法人 日本海洋少年団連盟の会合に出席しご挨拶を行う

公益社団法人日本海洋少年団連盟(草刈 隆郎会長)の会合に出席し挨拶を行う衛藤征士郎海事振興連盟会長

 「日本海洋少年団連盟」は、海洋国日本の次代の担い手である全国の少年少女たちに、「海に親しみ、海に学び、海にきたえること」をモットーとして、昭和26年に設立された社会教育団体です。以来、海を活動の拠点とし、海事思想の普及と青少年の心身の健全育成に努めています。現在は、全国123の単位団において約10,000名の団員が日々の活動を展開するとともに、創造性を育む「海っ子の祭典」、2年に1度開催される全国大会では団員間の友情を育み地域住民との交流を図っています。
 小学生から高校生までの男女の団員が海を訓練の場として、子どもの時から海に親しみ、団体生活を通して社会生活に必要な道徳心を養い、心身ともに健康でたくましい人間の育成をめざしていますが、もう少し団員を量の面からも質の面からも増強し5万人体制を創り出さなければなりません。
 また、韓国・カナダなど海外の海洋少年団との国際交流も活発に行っており”海洋国家日本”を創造するべく活動する高い志を有する団体です。
 海事振興連盟としても皆様方と連携を取り頑張っていきたいし、8月3日の全国大会総会を今から楽しみにしています。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

(公社)日本海洋少年団連盟の会合で挨拶を行う衛藤征士郎海事振興連盟会長