TICAD V マルズーキー チュニジア大統領との思い出

 マルズーキー チュニジア大統領と会談した衛藤征士郎自民党外交・経済連携本部長

マルズーキー チュニジア大統領と会談 衛藤征士郎自民党外交・経済連携本部長の前がマルズーキー チュニジア大統領

安倍首相、林横浜市長主催共同歓迎レセプションでは、カメルーンのホスト役も務めました 左は、ピエール・ンジェンゲ駐日カメルーン特命全権大使

 第 5回アフリカ開発会議(TICAD V)は、横浜を会場にして去る6月1日~3日まで開催されました。
 TICADは、アフリカ開発の重要性を訴えるため、日本が主導し、国連、世界銀行などと共催して1993年に第1回会議を開いて以降、5年に1度アフリカ諸国の首脳を日本に招待して首脳会議を開いているものです。
 私も30日(金)来日されたマルズーキー チュニジア大統領と会談し大統領ご一行の来日を心より歓迎したものです。
 マルズーキー大統領は、親日家で大変わが国への造詣が深く「俳句」もたしなまれますし季語などにもお詳しいことが伺い知れました。
 夕刻から行われた安倍晋三首相、林文子横浜市長共同歓迎レセプションでは、チュニジアに加えカメルーンのホスト役も務めさせて戴きました。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

マルズーキー チュニジア大統領と会談を行った衛藤征士郎自民党外交・経済連携本部長

安倍首相、林横浜市長主催共同歓迎レセプションに参加し福田康夫元首相と共にホスト役を務める衛藤征士郎自民党外交・経済連携本部長