第3回日本・アラブ経済フォーラムで来日中のムフセン投資庁長官と会談

イエメン・ムフセン投資庁長官と固い握手を交わす衛藤征士郎代議士

イエメン・ムフセン投資庁長官と会談を行う衛藤征士郎代議士と白石徹衆院議員

 16~17日に東京で開催された「第3回日本・アラブ経済フォーラム」に来日中のイエメン・ムフセン投資庁長官と会談。
 同会談には、白石徹衆院議員も同席を頂きました。
 今月上旬には、カルビー外相も日本政府の招待で訪日されており、それに続くムフセン投資庁長官の訪日を心から歓迎します。
 このフォーラムを通じてわが国のビジネス関係者にイエメンを知ってもらうことは大変重要なことと思います。
 しかし15日にイエメンの首都サナアで日本の外交官が襲撃される事件が発生し、本人の命に別状はないと聞いていますが、このような事件が発生したことは非常に残念であり、二国間関係にプラスにならないことであり貴国の犯人逮捕と事件の再発防止に向けた真摯な対応を求めたものです。
 二国間関係の発展にためには、ビジネスマンを始めとする人の往来が増えることは不可欠です。他方日本企業は治安に非常に敏感であります。
 日本人ビジネスマンが安心して貴国での活動ができるように治安の回復に向けたイエメン政府の一層の努力に期待を込めました。
 一番大切な治安が回復すればビジネス・観光等の様々な分野で交流が進展しうるものと考えています。
 また、ソマリア沖アデン湾という重要な海上交通路に位置するイエメンの安定はわが国の経済安全保障に直結しており貴国の沿岸警備能力の向上にもわが国として協力を惜しまないところです。

 

You Tubeにて動画でご覧いただけます

イエメン・ムフセン投資庁長官と会談を行う衛藤征士郎代議士