21日 故元日本経済団体連合会事務総長の三好正也氏のご逝去を悼み告別式で弔辞を述べる

故元日本経済団体連合会事務総長の三好正也氏のご逝去を悼み告別式で弔辞を述べる衛藤征士郎代議士

 14日、腎不全で85歳の生涯を終えられた故三好正也元日本経済団体連合会事務総長の通夜・告別式がしめやかに執り行われました。
 生前、早稲田大学の同窓であり後輩と言うご縁から公私にわたりご指導ご鞭撻を戴いた故三好正也先輩の偉大なる人生に対し哀悼の誠を捧げるとともに惜別に当たり畏敬の念を込めて弔辞を拝読させて頂きます。
 三好正也大先輩の御霊に衷心より哀悼と惜別の念を表す。常に私達を圧倒し続けた三好大先輩の偉大な人生に対し改めて畏敬の念を表します。
 内柔外硬にして決して妥協を許さない凛とした言論。そして確信と自信に満ち溢れた一挙手一頭足は泰然そのものでありました。また三好大先輩のスピーチは常に格調高く示唆に富み含蓄に溢れ私達を刺激し触発し啓蒙するに余りあるものがありました。
 私達早稲田マン一同は、大先輩に憧れ人生の師匠とし誇りとして参りました。私は今ここに改めて天下の三好正也門下生の一員に加えて頂きたいと懇請申し上げます。
 三好大先輩は、少年時代そして学生時代大変ご苦労されたとお伺いいたしました。しかし私はただの一度も失意のご尊顔に接したことはありません。いついかなる時でも笑顔を絶やさず毅然とした態度は私たちの尊敬の的でありました。
 あるとき私は、大阿闍梨の構想に悟りと境地とは何かと愚問致しました。その高僧曰く、悟りとは笑顔であると・・。私は改めて三好大先輩の遺影に接し大先輩の笑顔に心が洗われるようであります。
 私が大先輩の慶賀に接して30有余年になります。この30数年間大先輩はいつも旬の人であり続けました。いつも旬の人だと、いつも旬であり続けた大先輩の雄々しい人生に対して驚嘆と感服の念を益々深くしております。
 不肖私が国務大臣防衛庁長官に就任した際に大先輩から一枚の色紙を戴きました。その色紙には「有限を無限に生きる若葉かな」。「有限を無限に生きる若葉かな」と記されていました。
 三好大先輩から託されたこの人生の教訓を噛みしめながら大先輩の尊い人生の軌道を仰ぎ見て有限を無限に生き抜く若葉のごとくさらに清新に生き抜く決意です。
 不肖私が国際に参画して36年間。この長きにわたり早稲田大学の同窓と言うご縁だけで、格も温かく激励の大英断を送り続けて戴きました。
 この大恩を終生大事にして参ります。常に久遠の理想を抱き常に北風に向かって立つ、そして北風の中を走り抜ける。この三好大先輩の教訓を
 私達が責任を持って後輩に引き続ぐことをお誓い申し上げます。
 天界の三好正也と言う巨星は永遠不滅であります。いつも変わらぬ笑顔で慈愛に満ちた光を永久に放ち最愛の三好ファミリーの為にそして私たちの為にも光り輝き続けることを懇願申し上げます。
 最後に在天の三好賢夫人並びにご令息との談笑のお姿に思いをはせて私の追悼の言葉と致します。

                                       平成25年12月21日
                                       第64代前衆議院副議長
                                       衆議院議員 衛藤 征士郎

1954年に経団連に入り、88~97年に事務方トップの事務総長として斎藤英四郎、平岩外四、豊田章一郎の3会長を支えた。退任後はエフエムジャパン(現J―WAVE)の社長や会長を務めた。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

故元日本経済団体連合会事務総長の三好正也氏の告別式で弔辞を述べる衛藤征士郎代議士