I pad、 I phoneのタッチパネルを支える「静電気」! (3/3)

 I pad、 I phoneがこれまでのIT機器の常識を覆してタッチパネルで見たい、聞きたい、調べたいの私たちの思いを実現してくれます。


 I phoneは、世界で3,000万台が売れ1大ブームとなりました。この動く不思議を支えているのが”静電気”なのです。物と物との摩擦によって生じる”静電気”。水のある所を通りやすいのが”静電気”です。「雷」も巨大な静電気と考えられます。今鹿児島・宮崎両県にまたがる新燃岳で多くの火山灰が降り注ぎ甚大な被害を与えていますが、火山塊や灰と水蒸気が擦れ合うことで「火山雷」が走っている事がわかります。
 私も小さい時に下敷きを擦ることにより、”静電気”が起き、物が吸い付けられることを学びました。私たちの生活の中で必要な機器、このコピー機にも”静電気”が応用されており”静電気”がないとコピーができないのです。コピー機の中には色砂よりもっと細かいトナーが入っており、複写したい紙を置きこれに光を当て熱を加えて、トナーを焼付け文字を浮かび上がらせます。
 静電気の恩恵は、ITの様々な分野で感じることができますね。
    
      I pad、 I phoneホームページ: http://www.apple.com/jp/iphone/
    宮崎県庁ホームページ:http://www.pref.miyazaki.lg.jp/
    鹿児島県庁ホームページ:http://www.pref.kagoshima.jp/