5日 外交部会、外交・経済連携本部合同会議を開催ーウクライナ情勢議論

 外交部会、外交・経済連携本部合同会議に臨む衛藤征士郎外交・経済連携本部長

 5日朝、外交部会、外交・経済連携本部合同会議を開催し緊迫のウクライナ情勢について上月外務省欧州局長より説明を聴取するとともに日朝赤十字会談についても伊原同アジア大洋州局長より説明を聴取しました。
 ウクライナ情勢につきましては、まさにロシアの政治、プーチンの政治を見せつけられた感じがする。もう私が何を言わんかご理解頂けると思います。大変なこと。
 パワーポリティクスに我々としていかにどう備えるかが問われ絡んでいる。
 日朝問題については、機微な問題であり6か国協議の枠はありますが私達はバイによる解決を目指す。解決させる気概必要。バイで解決への努力をしながら6か国協議も求める。このままでは、いつまでも結果として中国がカードを持ち続ける。永遠にこういう状況が続くことは良くない。日朝問題をかたずけて我々としてカードを持つ気迫を示すことが必要と考える。皆様の意見を賜りたいと思っています。
 

You Tubeにて動画でご覧いただけます

外交部会、外交・経済連携本部合同会議で緊迫するウクライナ情勢について懸念を表明した衛藤征士郎外交・経済連携本部長