「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目ない安全保障法制の整備」(閣議決定案)を了承

党「安全保障法制整備推進本部、安全保障調査会、外交部会、国防部会合同会議」で挨拶をする石破 茂幹事長

 わが党は、本朝8:30~「安全保障法制整備推進本部、安全保障調査会、外交部会、国防部会合同会議」を開催しました。
 今日は、「自衛隊記念日」でもあります。
 この日、7:30~「第11回安全保障法整備に関する与党協議」が行なわれました。
 その後8:30~上記の合同会議が開かれ与党 協議の結果を報告。
 わが党は、報告がなされた「国の存立を全うし、国民を守るために切れ目ない安全保障法制の整備について」(閣議決定案)を了承。
 今後、午前の公明党の了承手続きを経て、午後の閣議決定へと与党内手続きが進められます。
 自衛隊発足から60年。国際情勢が大きく変化を遂げるなかでわが国は不断の外交度努力を行い、米国とパートナーシップをとり、信頼醸成措置を講じながらわが国がその国力にふさわしい形で一層の積極的な役割を国内外で果たして参ります。

You Tubeにて動画でご覧いただけます

党「安全保障法制整備推進本部、安全保障調査会、外交部会、国防部会合同会議」で、与党協議結果を踏まえて党内手続きを頂きたいと挨拶する石破 茂幹事長