4-5日 台湾を訪問し馬英九総統、楊進添外交部長(外相)、呉敦義行政院長(首相)、王金平立法院長(国会議長)、と相次いで会談 (5/6)

 私は、衆院を代表して台湾を訪問し馬英九総統、楊進添外交部長(外相)、呉敦義行政院長(首相)、王金平立法院長(国会議長)と相次いで会談し、東日本大震災における台湾の惜しみない支援に対して、首脳陣との会談を通じて深甚なる感謝の意を表したものです。


馬英九総統と会談.JPG

馬英九総統と会談

 

 

 更には、謝交通部観光局副局長及び大手旅行会社社長とも懇談の時を持ち、震災で台湾からの旅行者が減少したことを受け被災地域は、復興に向け力強い歩みを始めたことや福島第一原発の事故の終息に向け懸命な努力を行うと共にデーターの開示を努めていることを説明、日本の安全性をアピールしました。

 震災後台湾は、馬総統が直ちにわが国にお見舞い書簡を発出し、18日には震災チャリティ番組で馬総統自ら台湾国民に募金を呼びかけ自ら20万台湾ドル(59万円)を募金するとともに番組中に国民からかかってくる支援電話に応じ馬総統は1時間、同夫人は3時間対応して頂いたとの報に接しました。

 5日の馬総統との会談時には、義援金の総額は現在576,300万ドル(163億円)とし、今もなお義援金は増加していると心温まる報告がなされました。(312日の震災直後に台湾外交部は、日本政府に対して1億台湾ドルの義援金発表しています)

 馬総統は、東日本大震災への台湾からの義援金等の支援は、1999年の台湾中部地震や一昨年の豪雨被害で日本が支援をしてくれたことへの恩返しだとして「まさかの時の友は真の友」「深い絆と友情を大切にしたい」と表現し、今後とも出来る限りのことをすると明言し、力強い発言を頂きました。

 先月22日の王金平立法院議長の訪日時における衆院での 熱烈な歓迎に謝意も述べられ、観光客の回復に閣僚にも支援を指示したことを表明頂いたものです。

 王金平院長も12日より18人の国会議員を帯同(111人の一院制国会ですから熱意が伝わります)して、台湾の皆さんと北海道を訪問いただきます。

 
 

王金平立法院長.JPG

王金平立法院長と会談

 

 

    台湾中央廣播電台新聞 衛藤衆院副議長台湾訪問、馬総統と会談へ http://news.rti.org.tw/index_newsContent.aspx?nid=294866