母の日は、5月の第2日曜日、 父の日は、6月の第3日曜日 父母への感謝に尽きぬ思いを(5/13)

 「母の日」の由来ですが、古代ローマでは、神々の母とされるリーアに感謝する春祭りが行われており、17世紀には、英国では復活祭の40日前の日曜日を「マザーズ・サンデー」として、里帰りして母親と過ごすことが許されました。

 

 1908年、米国バージニア州で娘のジャビースが3年前に亡くした母親を追悼したいと、教会で白いカーネーションを配り(5月10日)、この風習が米国全土に広がったのです。1914年にウイルソン大統領が、5月の第2日曜日を「母の日」制定しました。

 翻って日本では、大正2年(1913)キリスト教会を中心に、「母の日」が祝われ始めました。大正4年(1915)には  青山学院大学のアレキサンダー教授がキリスト教団体を中心に広めました。その後昭和6年香淳皇后(昭和天皇妃)の誕生日である3月6日を「母の日」に制定し、昭和12年(1937)にわが国でも普及活動を行い普及しました。和24年(1949)には米国に倣って5月の第2日曜日が「母の日」となりました。

 一方「父の日」ですが、1909年ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドを男手1つで育ててくれた父を讃えて、父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけとなり、さらに墓前にバラを捧げたことから「父の日」はバラとなりました。1966年には、ジョンソン大統領が6月の第3日曜日を「父の日」と制定し、1972年からは米国の記念日となったのです。 このように「母の日」と「父の日」の制定には、上記のような変遷がありました。

 わが国では、「母の日」と「父の日」にカーネーションやバラと決まっているわけではなく、実用品を贈る人も多いようです。母や父に温かい心や気持ちをプレゼントや手紙や電話でなど様々な形で託す微笑ましいお話を多数お聞きしています。贈られる側にとりましては何者にも変えがたい喜びでありましょう。しかし、この度の東日本大震災では、母や父とお子さんとの無数の悲しい永遠の離別が襲ったのです。亡き両親への追悼と健全な両親への感謝の意を心より捧げたいものです。
 
「母の日」プレゼント・ランキング 1位花束 2位ブラウス 3位セーター 4位鉢植え 5位パジャマ 6位肌着 7位アクセサリー 8位現金 9位カーディガン 10位財布
      
「父の日」プレゼント・ランキング 1位ネクタイ 2位お酒 3位トレーニング/ウオーキング・シューズ 4位トレーニングウェア 5位洋服 6位靴 7位靴下 8位ハンカチ 9位デジカメ 10自転車