27日午後 「漁港漁場漁村整備促進議員連盟臨時総会」を開催ーH27概算要求基準聴取

27日午後、「漁港漁場漁村整備促進議員連盟臨時総会」を開催し挨拶を行う衛藤征士郎漁港漁場漁村整備促進議員連盟会長 26名の衆参両院議員が集う左:青木 和彦議連事務局長 右:竹下 亘議連副会長

 わが国の水産業、漁村を取り巻く環境は、燃油価格の高止まりや消費者の魚離れ、魚価の低迷も加わり、一段と厳しくなっています。
 このような状況下で「水産日本の復活」と「東日本大震災からの復旧・復興」の実現のためあらゆる施策を講じていかなければなりません。
 特に水産基盤整備事業においては消費・輸出の拡大に向けた高度衛生管理型漁港の整備、海域全体の生産力を底上げするための漁場整備、南海トラフを始めとした大規模な地震・津波に対して、災害に強い漁業、地域づくりを推進するため漁港施設の地震・津波対策や長寿命化対策の推進が喫緊の課題です。
 わが国の水産業は、”光輝く成長産業”であり続けなければなりません。
 本議連は、わが国水産業を支える各地域がより一層活性化するように活動を推し進める推進力であり続けます。
 全国各地の水産業及び漁村を守り育てるとの視点に立ち皆様方と手を携えて積極的な活動を行って参ります。皆様方のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

27日午後の「漁港漁場漁村整備促進議員連盟臨時総会」で挨拶を行う衛藤征士郎漁港漁場漁村整備促進議員連盟会長