病院船建造推進、超党派議員連盟 第4回総会を開催 意見集約へ(5/18)

 18日の第4回総会で、浅野 茂隆早稲田大学先端科学・健康医療融合機構機構長並びに朝日 透同大理工学術院先進理工学部教授より「最新鋭健康医療支援船がもたらす波及効果」についてご意見を開陳いただくと共に砂田向壱一般社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナル理事長より「日本が保有すべき病院船の基本的なコンセプト」について意見の開陳を頂いたものです。

 
病院船第4回.JPG第4回会合で挨拶を行う衛藤病院船建造推進、超党派議員連盟会長

 

 更には、オブザーバー参加頂きました日本医師会も病院船はわが国に必要との意見の表明があり、緊急災害医療はメディカル・コントロールであり本部が立ち上がってそこで医療がすぐに始まる。海上についても同様でありヒューマニズムの精神から必要な時に必要な対応が取れるようにすることが肝要であることを述べられました。わが国が「医療船」を考えることが、日本の内外へのアピールと共にステータスへとつながるとの積極的な発言がなされました。
 各有識者や出席者からも官民挙げて世論を喚起して行き、病院船の必要性を内外に訴えて世界貢献に役立てて行くべきだとの意見が大勢を占めたものです。
 同議連では、これまでの各界からのヒアリングや意見の開陳を踏まえて、意見集約を行い「病院船推進に関する要請書」のとりまとめることとし、私より原案を提示し-当該船建造に係る調査費を平成23年度二次補正予算案に計上すること-政府部内に「病院船機能を有する多目的船舶を担当する部門を設置し、その建造及び運用について速やかに検討を開始することを満場一致で議決しました。

 明日この「病院船推進に関する要請書」を枝野内閣官房長官と仙谷内閣官房副長官に面会を行い要請を行うことと致しました。

   要請日時 5月19日(木)12:30-仙谷内閣官房副長官 ―院内民主党代表代行室
                  16:40-枝野内閣官房長官 ―衆議院本会議終了後(目途) 院内大臣室