文教学院大学外国語学部の学生インターンの皆さんが表敬訪問 (9/12)

  自民党秘書会の研修プログラムに則り、衆院議員会館の各議員事務所でインターン研修を行なっている文教学院大学外国語学部の研修生の皆さんが私のもとを表敬訪問。
 


文教大.JPG

文教学院大学外国語学部の学生インターンの皆さんとともに


 研修スタートから間もない中で、緊張の連続です!と少しはにかみながら語る姿に初々しさが感じられます。
 私は、皆さんから見て「日本(人)に今欠けているもの。大切にしなければならない事はなんであろうか」と問いかけました。すると一人の学生が、外国語学部に所属し日本から世界各国に出かけたり、外から日本を見たときに「自国を大切にする気持ち」に欠けているように思う!と発言すると共に国際化社会と言われながら「情報発信などが受身となり一方通行になりがち」と自己の経験を踏まえて意見を開陳してくれました。
 彼女の的確な分析・発言には同感であり、わが国において国際化や国際競争化(力)への対応が求められる中で、真の国際国家日本!を発信するためには、自分自身が地域やふるさとを愛し自らや家族を思い、自分たちが生活を営む日本を大事にする心を育み、このことを基本(ベース)にすることにより相手にも思いがしっかり伝えられるし心が通い合うことを皆さんにお話したものです。
  わが国は海洋国家です。海によって隣国と国境を接してます。隣国と様々な事案が発生している中で、日本・日本人のパワーを高める、国家の国益や利益を侵害する行為には、日本人としてしっかりとした意識を保持し整理された民族意識を発揚、高揚させていくことが肝要あることをお話したものです。
 強い国日本!安全な日本!安心な日本!に向け日本のパワーを高めて行きたい!日本の国益を侵害する行為等に敏感であり国民意識が一つになる事が必要との思いを発言したものです。
 多くの事象に興味や関心を持ち、我が事として見つめ・考え・結論を導く努力をすること、友人とも意見を交換する等の意識高揚を各位に求めました。
 自国を大切にし世界に羽ばたく、グローバルな視点で日本を見つめる。わが国は法の下に自由・平等な国家であることを是非この機会に知って欲しいと思います。
 皆さんのご健勝ご多幸と共に今後の大成を祈念してやみません。


You Tubeにて動画でもご覧いただけます。