国会初の試み~国会議事堂に母校生徒の描いた作品を~

※クリックすると肖像画の拡大画像がご覧いただけます。

  25年以上在職する国会議員は、憲政に尽くし民意の伸張に努めた功労を多とし、国会議事堂内に自身の肖像画を飾ることができるとされています。議事堂内には、著名な画家が製作された肖像画が並びます。 国会議員在職25年にあたる平成18年、母校玖珠町の森高校後輩のお二人に肖像画を製作して頂きました。森高校美術部3年生(当時)の吉武実華さんと西世里奈さん共作の肖像画は衆議院第16委員室に掲額されています。

  そののち大学3年生になられた吉武さんが表敬に国会へご来訪され、衆議院第16委員室に掲額されているご自身の作品を見学されました。衛藤代議士と言葉を交わしながら西世さんとともに筆を走らせた当時の思い出を語って下さいました。