一院制とは

一院制 「超党派 衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」の会長として、2016年までに「一院制の国会」の実施を目指しています。

 GDP比200%もの債務残高を抱える日本は財政再建の必要性はもちろん、持続的経済成長とムダを削る行革を同時進行形で押し進める必要があります。 3つの課題の中で一丁目一番地は政治改革であり「行政改革」です。戦後65年を経て、我が国は成熟社会の仲間入りを果たしました。そして、人口が減少しダウンサイジング化する我が国において、日本を社会を取巻く環境は大きく変容しました。 市場や民間企業は、様々な変革の必要性と対峙しつつ生き残りをかけています。

 では国会は、どうでしょう。私たちの暮らしに必要な法律・サービスのニーズに応えられているでしょうか。国会のみが例外で、高度経済成長時の仕組みではよいはずがありません。国会改革なくして国の発展はありません。衆議院と参議院を合併して一つの国会にする。一院制の下、国会議員を30%削減します。不安定、不透明、不確実な国会をスピードと効率の良い絶対的安定で国民の信頼と期待の集まる、活力のあるダイナミックな国会に変革します。

 国会を「一院制」にするには、憲法を改正が必要です。憲法改正のための憲法審査会が昨年11月に始動したことは特筆すべきことであり、まず衆議院議員100名・参議院議員50名により議長へ憲法第42条の改革案を発議したいと思います。衆参両院において、三分の二以上の賛成で可決されると、18歳以上の有権者による国民投票が実施され、過半数の賛成を必要とします。

 これから5年間に日本の命運がかかっています。国会が、国会議員がまず血を流し骨を削る努力を示し、日本再建と再興の確かな軌道を作り上げたいと思います。

「衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」の活動

世界の一院制平成15年5月に超党派として設立した「衆参対等統合一院制議連」は、平成20年に自民党内で設立された「衆参両院を統合し、一院制の新国民議会を創設する議員連盟」(後に、「衆参両院を統合し、『一院制の新国会』を創設する議員連盟」と改称)での議論の醸成も踏まえ、平成22年に『超党派 衆参対等統合一院制国会実現議員連盟』として新たにスタートしました。

 議連設立から10年目の春、憲法改正手続法が発効、憲法審査会が始動し、一院制実施に向けた環境が整いました。これを受け、国会を一院制とする憲法改正原案を発表し、重ねてきた議論も一院制の実施に向けて着実な歩みを踏み出しました。これまでの議員連盟での活動、議論・論点をまとめました。一層の理解と協調の輪がつながり、皆さんと一緒に日本の政治を変えていきたいと思います。ご支援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

一院制国会創設案

東京新聞「私が正しい!~二院制か一院制か」インタビュー 【2008年06月03日】

平成20年5月25日 東京新聞 朝刊に 一院制の必要性を語りました。 詳細をご覧になりたい方は、下段をクリックしてください! 自民党内で、国会を現在の二院制に移行することを目指す議員連盟が結成された。 「ねじれ国会」 の …
詳細を見る >>

「衆参両院を統合し、一院制の新国民議会を創設する議員連盟」設立総会 【2008年05月20日】

DSCF3064

世話人は、中馬弘毅、太田誠一、宮路和明、衛藤征士郎、谷川秀善の各衆参両院議員。 設立総会には、衆参両院議員48名、代理出席27名が駆けつけ開催されました。同会では、衛藤征士郎代議士を代表世話人に選出し定期的に会を持ち勉強 …
詳細を見る >>

『日本青年会議所一院制憲法草案』ヒアリング 【2005年11月18日】

193

(社)日本青年会議所より先に発表をされた『日本青年会議所一院制憲法草案』について 高竹 和明会頭より意見開陳を頂きました。 JCの憲法問題への取り組みについて詳細に語られるとともに”小さな政府”を構築し効率的な政治運営、 …
詳細を見る >>

「一院制」移行が現実味を帯びる 【2005年10月14日】

tfe_no_thumb2

今回の総選挙は、郵政民営化法案を巡る衆議院と参議院のねじれが引き金となりました。 総選挙で与党は、衆議院の3分2以上の勢力である327議席を確保し、法律が参議院で否決されても全法案を成立させることができる力を得ました。( …
詳細を見る >>

衆参対等統合一院制議連 設立総会 【2003年5月15日】

DCF 1.0

 かねてより勉強会を重ねてきました、超党派の「衆参対等統合一院制議員連盟」 は、5月15日設立総会を開催しました。同議連には自民、民主、公明、保守新、自 由各党の衆参議員約100人が参加しています。総会には約30人が出席 …
詳細を見る >>

「日本経済新聞」掲載記事~「一院制」へ超党派共闘~【2003年4月8日】

MINOLTA DIGITAL CAMERA

日本経済新聞(2003年4月8日付)に「一院制」議連の活動が掲載されました。  国会改革論議のたびに、出ては消えた二院制の見直しが一歩前進しそうだ。衆参両院の議員約100人が5月中旬をメドに超党派の議員連盟を発足させ、一 …
詳細を見る >>

『衆参対等統合一院制議員連盟』学識経験者ヒアリング 【2003年3月】

3

その後「衆参両院を統合し一院制を創る会」は衆議院憲法調査会事務局、国立国会図書館立法考査局を始め、学識経験者を交えて複数回の勉強会を重ねました。 また、近年の憲法問題を巡る議論の高まりを受け同会は、超党派の議員連盟『衆参 …
詳細を見る >>

「衆参両院を統合し、一院制を創る会」 【2003年2月20日】

2

衛藤 征士郎代議士が代表世話人を務める『衆参両院を統合し、一院制を創る会』の第1回世話人会が開催された。 この会は、衆・参、それぞれの議員経験をもつ衛藤 征士郎代議士が、「世の中が急速に推移していく中で、国会がそのスピー …
詳細を見る >>

3 / 3123