確かな針路を辿るための、3つの柱

公認会計士稲門会

震災による惨禍は痛恨の極みです。一瞬にして奪われた多くの命の無念、被災された方々の余りに深い苦しみは筆舌に尽くしがたく、心よりお見舞い申し上げます。地震大国日本にあって、我々は然るべき国策を為して来たのか。私は衆議院副議 …
詳細を見る >>

【公認会計士稲門会会報】2011年6月1日に掲載

米消費純米酒推進議員連盟

tfe_no_thumb2

国会の議場では激しく攻撃しあう与野党議員。それでも酒を酌み交わせば、昼間の対立は和らぎ、意見も本音で交換できるものだ。民主・自民・公明・共産・社民・みんなの党など超党派の国会議員76名でつくる「米消費拡大・純米酒推進議員 …
詳細を見る >>

【日本経済新聞 夕刊】2011年5月26日に掲載

国会改革の必要性。「国会のスリム化、スピード化、サービス向上『3S』」を語る

KYODOWEEKLY

与党・民主党が採決を強行し、反発した野党・自民党は審議拒否-。昨年の臨時国会は、政権交代に伴って与野党の立場が入れ替わっただけで、与野党の旧態依然たる駆け引きに終始した。1月召集の通常国会では、政権交代にふさわしい運営が …
詳細を見る >>

【共同ウィークリー】2010年1月1日号に掲載

自動車産業をどうリードしていくか~市場刺激策と税制問題

tfe_no_thumb2

政府・与党は日本の自動車産業をどうリードしていく考えなのか。自動車議員連盟副会長を務める衛藤征士郎衆議院議員に、新車購入補助制度や自動車税制に対する見解などと併せて聞いた。 自動車産業に大規模な経済対策が実施される。見解 …
詳細を見る >>

【交通毎日新聞社】2009年6月1日に掲載

我が国の海運~トン数標準税制の実現をみて

せんきょう

「2009年 新春記念座談会」 これからのわが国海運 海上運送法及び租税特別措置法の改正法が平成20年7月に施行され、トン数標準税制が、ようやくわが国に実現した。 これを機にご尽力いただいた関係者をお招きし、“これからの …
詳細を見る >>

【せんきょう】2009年2月21日に掲載

敬老の日に寄せて「長寿医療制度とは?」

abakan

Q:今年も敬老の日を迎えましたが、年金不安や後期高齢者医療制度の開始など、我々年寄りが生き難い社会になっていると感じますが、本当に国は「敬老」の気持ちを持っているのですか? 【衛藤 征士郎 代議士】戦後復興の担い手だった …
詳細を見る >>

【あばかん】2008年10月号に掲載

全国漁港漁場大会に寄せて

世界的に水産物の需要が高まり、水産業の重要性は一段と増しています。安全・高鮮度な水産物の安定供給には、生産力の高い漁場と衛生的な作業効率のよい漁港が必要であり水産基盤整備の推進が重要です。 また、台風の強大化や地震の頻発 …
詳細を見る >>

【「水産経済新聞」「みなと新聞」】2008年10月号に掲載

チャレンジ!おおいた国体開催に寄せて

abakan

大分県では2回目の国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」が開催されますが、国体開催に寄せて一言、お願いします。 【衛藤氏】国体の歴史を振り返ると、昭和21年、復興への希望の火を灯すため、京阪神地域で第1回「近畿国体」が …
詳細を見る >>

【あばかん】2008年9月27日に掲載

政界のエトー走る

サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の興奮が冷めやらぬ中、超党派のサッカー外交推進議員連盟会長を務める衆議院副議長、衛藤征士郎さんが2022年W杯の日本招致に意欲を燃やしている。各国の国会議員同士の試合に出場す …
詳細を見る >>

【読売新聞夕刊】2008年7月24日に掲載

東九州自動車道・佐伯開通に寄せて(2)

abakan

とうとう待望久しい東九州自動車道が開通しました。これで、消防や救急の迅速化による安全・安心の向上のみならず、企業誘致の実現、観光振興による交流人口の増大など、地域活性化への期待も寄せられていますが、本当に佐伯は、高速道の …
詳細を見る >>

【あばかん】2008年7月19日に掲載

東九州自動車道・佐伯開通に寄せて(1)

abakan

いよいよ東九州自動車道が6月28日午後3時に開通しますが、長年、建設促進を働きかけてきた衛藤代議士にとっても、感慨深いものがあるのではないですか。 【衛藤氏】高速道路網の整備は、国の国土開発の一環として、計画に則り着実に …
詳細を見る >>

【あばかん】2008年6月19日に掲載

「一院制」~憲法改正し国民投票導入も

236

共同ウィークリーの一院制取材に対し 衆参両院を統合し、一院制の「新国民議会」を創設する議員連盟 衛藤征士郎会長がお応えしその思いを語りました。 共同ウィークリー NO.22 平成20年6月2日号の記事内容は、以下の通りで …
詳細を見る >>

【KYODO WEEKLY】2008年6月2日号に掲載

2 / 3123